アルコール依存と言われる、まだ見たことがない父に会いたいな

アルコール依存と言われる、まだ見たことがない父に会いたいな

 私は実の父の顔を知りません。母は私を産んですぐに父と離婚しています。父はアルコール依存症で生活費をまともに入れてくれなかったことが離婚の大きな原因のようです。その後母は現在の夫である養父と再婚していて私は物心の付いていた時には、養父を自分の血のつながった父親だと信じて育ちました。しかし小学生の高学年の時、父が酔って自分は本当の父親でないことをカミングアウトしてしまったのです。

 その時すごくショックだったかと言えば、父が嫌だったので驚きの方が大きかったように思います。幸いだったのは、私の自宅の近辺に母方の祖母や叔母が居て、私は小さな頃から親戚の内を行ったり来たりして生活していたので、居場所がなくなる事はありませんでした。目の前にいる人が実の父でないことを知ったことで、では私の本当の父親は今何をしていて、どんな人なんだろうと疑問を持ちました。

 母に聞くと1枚しかなかった写真は現在の再婚した父に破られたそうです。性格は頭が良かった人だけれど、お酒が好きで止められなかったとも聞きました。しかし、母は再婚した現在の夫に気を遣ってか多くを語ろうとはしませんでした。私も周りに支えてくれる親戚も多かったですし、余り好きではなかった養父ですが、今まで育ててくれた義理もあり、実の父親を捜したいと思った事はありませんでした。

 そんな気持ちに変化があったのは、自分が結婚して子供が生まれた事がきっかけです。子供を産んでみると否応なしに遺伝的要素を意識する日常があります。髪の毛の特徴やつめの形など細部の様子から自分の父親はどんな人だったんだろうと考える様になりました。

 また養父が病気で亡くなったのですが、養父と同年代の実父が健在なのかも気になりました。もしまだ生きていたら、私は会うのが怖いです。若い時の写真・年老いてからの写真をみせて頂いて、こんな感じの人だったんだと自分が納得すれば十分な気がします。そして私は一人っ子だったのですが、もし父が再婚して腹違いの兄弟が居たらその方の写真も見てみたいと思います。料金的には20万未満が限度かなと思います。自分で探すには父親の本籍地が県外である事。もう一つは、離れて長いので父に家族がいた場合ご迷惑が掛かる事を危惧しています。

↑ PAGE TOP